オンライン麻雀でも犯罪になるリスク

<h1>オンライン麻雀でも犯罪になるリスク</h1>のブクマにご協力ください

実際にお金を賭けるオンライン麻雀、オンラインカジノは
運営元は海外にあるので、賭博罪が適用されない
つまり犯罪にならないというのは、以前もお伝えしました。
しかし例外もあります。

 

それがインターネットカフェなどでのオンライン麻雀です。
現在、自宅から直接海外のオンライン麻雀・カジノへ接続し、
ギャンブルした人で逮捕例は無いと言われています。
それは日本の賭博罪が胴元と賭けた側が国内に居なければ犯罪として成立しないからです。

 

犯罪として成立させるには相手が必要ですが、胴元である海外のオンライン麻雀・カジノは、
海外の法律では合法的運営しているので、犯罪として成立させるのは事実上不可能
となります。
一方、ネットカフェでオンライン麻雀・カジノを利用した場合は話が異なります。
ネットカフェでギャンブルを楽しんだ後は、お店で現金と換金します。

 

このネットカフェの店舗で現金と換金する行為が、
日本国内での賭博とみなされ、犯罪として成立してしまうのです。
自宅から遊ぶのと違うのは、日本国内で賭博行為に基づいた現金の直接的な受渡しがあることです。
同じオンラインカジノでもどこで遊ぶかで犯罪になるリスクが違います。

 

すでにインターネットカジノでは摘発者が多く出ています。
裏カジノなどと呼ばれているそうですが、絶対に近づかないようにしましょう。

 

【関係ページ】

 

【捕捉情報】
オンラインカジノを効果的に活用するためには資金をいかに効率的に管理するかがポイントになってきます。当サイトでは歴史も実績も安全のネッテラーを使った資金管理方法を推奨しています。

 

 

 

今月のおすすめカジノ