ブラックジャックのカウンティング方法

<h1>ブラックジャックのカウンティング方法</h1>のブクマにご協力ください

ブラックジャックのカウンティング方法は色々な種類があります。
今回は代表的な物をいくつか紹介します。

 

まずはカジュアルシステムです。
ブラックジャックのカウンティングは10などの大きい数字のカードが残っているならプレイヤーに、
2~6のような小さい数字のカードが残っているならディーラーに有利というのが基本の考えです。
この基本を元にカードをカウントしていく訳ですが、カジュアルシステムではカードを細かくカウントしません。

 

その代わり配られたカードの流れを頭に入れて分析していきます。

 

例えば小さい数字のカードが多く流れているなと感じたら、それはプレーヤーに有利な状況だと判断します。
カードの流れを見分けるという、経験や直感が必要な方法なので精度は他の方法に劣ります。

 

次はハイローシステムです。
ブラックジャックのカードカウンティングの中でも最もポピュラーな方法です。
このシステムではA,10,J,K,Qなら-1、7~9なら0、2~6なら+1とカウントします。
最初のシャッフルの時点を0として、後は上に示した基準でカウンティングします。

 

ポイントがプラスならプレイヤー有利な状況で、逆にマイナスなら不利な状況です。
ノックアウトシステムというハイローシステムによく似た方法もあります。
このシステムでは2~7までを+1、8,9を0とします。
ただハイローシステムよりバランスの悪い計算法だと言われています。

 

【関係ページ】

 

【捕捉情報】
オンラインカジノを効果的に活用するためには資金をいかに効率的に管理するかがポイントになってきます。当サイトでは歴史も実績も安全のネッテラーを使った資金管理方法を推奨しています。

 

 

 

今月のおすすめカジノ